calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

categories

archives

キララを連れてわんわんスタッフ

 昨日からの雨で、どうしようかと悩んでいたんですが、9時頃には雨も上がったので、「えーい!汚れてもいいや!!」とキララを連れて昭和記念公園のドッグランボランティアに行ってきました。

前回の時に、ドッグランのボランティアのわんわんスタッフは、2〜3時間の活動が出来ることは書きましたが、愛犬を連れて行くこともできます。
ボランティア活動中は、愛犬を管理小屋の中のリードフックにつないでおくことが出来ます。
こんな感じです。

今日は、第2日曜だったので、私と同じドッグライフカウンセラーによるお悩み相談会も行なわれていました。
ドッグランで定期的に相談できるっていいですねえ。


今日は、雨だったせいか、ドッグカフェは出店していませんでした。
ワンコたちも午前中は少なめ、午後2時過ぎあたりから、ランもにぎわいを見せていました。
でも、キララはランでは遊ばないんですけどね(^-^;

たいてい、管理小屋で寝てます(^-^;

まあ、これもありかな。
また行こうね、キララ(^^)V


『吠える』を撮る

 10月5日から、TCAの後期授業がはじまり、なかなかブログをアップできなくなってしまいました(^-^;

なんとか、頑張らないと(^^)V

で、今日は、写真の話です。
私は、EXLIM FC100というデジカメを使ってます。
これは、1秒間に30連写ができるという優れものです。

たとえば、キララがボールを見つめてスニークする動きを
CIMG7096.JPGCIMG7097.JPGCIMG7098.JPGCIMG7099.JPGCIMG7100.JPGCIMG7101.JPG

こんな、感じで写してくれます。
右前足が動いているとこわかりますか?

で、最近、キララが『吠える』瞬間の写真をなんとか撮ろうと苦労してます。
連写の時は、フラッシュが効かないので、室内だと上手く撮れませんし、キララは外ではなかなか吠えないし(^-^;

以前撮った写真では、
CIMG6788.JPG
軽く威嚇しているとこ。
(車の中で、キララの右、写真左に別のワンコがいて、「来るなよ」って言ってる(^^)V)

CIMG6804.JPG
同じワンコに「動くな!!」って言ってるとこ。

こんな風に、軽いのや、横からはあるのですが、正面切って吠えているとこがないんです。

これが、唯一撮れた写真。
ボールを吐き出しながら、吠えた瞬間です。
でも、「ワン!!」って感じが今イチですねえ。

結構怖い?
いやいや、犬らしいでしょ(^-^;
こんな、写真でも可愛いと思えてしまうから、バカ飼主は困ります(^-^;

普段はこんなですもん。
TS3E0109.JPG
『耳なし、いい子顔』


ワンコが、よく吠えるという飼主さんがいらっしゃいましたら、ぜひ「吠えてるとこ」の写真をお撮りになってみてはいかがでしょう。

カメラを向けると吠えるのやめたり、タイミングが合わなかったりで、なかなか難しいですよ。

いっぱい集まったら『犬は吠える』写真展をしたいものです。
可愛いワンコの写真もいいけど、その子が自己表現してるとこの写真を撮るのも楽しいと思います



犬は「吠える」

うちのキララはおとなしい。

FSCN1144.JPG

ボーダーコリーらしくないとよくいわれる。

他の犬と遊ぼうともしない。追っかけっこもしない。

日差しのあるドッグランなら、走るより、日陰で寝ている。

走りまわるのは、朝の散歩での家族とのボール遊びの時だけだ。

SANY0083.JPGCIMG0767.JPG

そんな彼女は、滅多に吠えないのだが、郵便屋さんと雷には吠える(^-^;

特に雷の時はすごい!!


ゴロゴロの音が聞こえたとたん、

耳が「ぴくっ」と動き、

たとえ私の部屋の本棚と本棚の奥の隙間に隠れていたとしても、

「カチャカチャカチャ」と爪の音をたてながら、

いつもの数倍のスピードで飛び出してきて、

窓に向かって走りながら、

「ワンワンワンワンワンッ」と吠える。


ピカッ。

ゴロゴロ。

「ワンワン」


ピカッ。

ゴロゴロ。

「ワンワン」


ピカッ。

ゴロゴロ。

「ワワン!」


と雷が近づくにつれ、

口のまわりはヨダレだらけとなり、

目は飛び出そうに見開かれ、

そして…吠える。


ピカッ。

ゴロゴロ。

「ワン!ワン!」


ピカッ。

ゴロゴロ。

「ワン!ワン!ワン!」…


自分の家を守ろうとしているのだろう。

未知の侵入音(?)に強烈な威嚇をしているのだろう。


ただ、私はこんな彼女がいやじゃない。

というか、こんな彼女を見てるのが好きだし楽しい。

動物行動学的には吠える意味や理由はあるのだけど、

そんな視点では見たくないし、考えたくもない。


普段、おとなしくて、家族に一切歯を向ける事などない彼女が、

雷に対してとる必死な態度が好きだ。

CIMG4644.JPG

雷が10分も続くと、口のまわりは泡だらけ。

ハアハアとひどくパンディングしながら、


ゴロゴロ。

「ワンワン」

ゴロゴロ。

「ワンワン」


私は、あまりに彼女が辛そうになってくると、

まあ、近所の手前もあるのだが

ソファの上で、彼女をギュッと抱きしめる。

「大丈夫だよ」

血走った目と、口角の泡だらけのまま、彼女は私に身を任せ、吠えるのをやめる。

抱いてしまえば、彼女は吠えなくなる。

スラッシュメタル並みのハートビートを感じながら、

私は、彼女を抱きしめたままソファで寝てしまうこともある(^-^;

DSCN1481.JPG

いいじゃないか、吠えたって。

ワンと吠えるのは、犬だけの特権なのだ。

吠えたら、抱きしめてあげればいい。

吠えたからといって、叱る必要はあるのだろうか。

その前に安心させてあげてほしい。

TS3E00100001.JPG

大丈夫だよ、吠えなくても、と伝えて欲しい。

大丈夫だよ。

あなたは私が守っているから。

小手先のテクニックより、気持ちを伝えてあげればいい


でも、やっぱり、犬は吠えるのだ。

その能力だけは、認めてあげて欲しい。


今日はシャンプー!

 3連休最後の日。

どこにも出かける予定がなかったのを幸いに、1ヶ月ぶりにキララをシャンプー。

今回は、お出掛けやゴミ拾いのあとのバーバキューなど、ちょっと汚れやニオイが気になってきたので短めのインターバルでお風呂です。


お悩み相談でも、「シャンプーは何日おきにすればいいの」なんて聞かれる事もあります。

どうやら、1日おきになさっているなんて方もいるようですが、人間の皮膚と違って、ワンコの皮膚は意外と弱いので、あまり頻繁になさるのもかえってよくないようです。

通常は、2週間以上あいだを空けるのがよいとされています。

うちでは、1ヶ月から2ヶ月に1度ぐらいシャンプーをしています。


ところで、キララはシャンプーが大嫌い。

キララが小さい頃に、何も知らずに上からジャージャーと水をかけたのがいけなかったようで(^-^;

耳元で「おふろ」と言ったとたんにケージに隠れます(^-^;


お散歩から帰って、まずはブラッシング

ピンブラシで、汚れを取るとともに、いつもより念入りに下毛もとります。

そのまま、シャンプーすると風呂場の排水溝がつまります。

それからバリカンを使って、足の肉球まわりの毛をカット。

ついでにお尻のまわりもカット。

玄関で、横に寝た状態でおとなしくカットされているキララを見ていると和みます。


ここまでが、キララの下準備。

嫌がるキララを誘導しながら、お風呂場へ。


キララをお風呂場に閉じ込めたら、シャンプー液の用意。

といっても、シャンプー液をパーマ液を入れる先の細くなったケチャップを入れるような容器に移すだけですけど。

これを使うと、体の下の部分を洗いやすくなります。


さて、キララの待つお風呂場へ。

まず、毛が流れないように、排水溝に生ゴミネットをセットして、洗面器に、シャンプー液を入れてお湯を入れて泡立てます。

ちなみにシャンプーは植物性のものを使ってます。

汚れの落ちは今ひとつかもしれませんが、刺激も少ないので、石油系のものより安心です。


最初にするのは…

肛門腺絞り〜

クチャイ液がピュッと飛び出します。

キララの肛門腺液は、水っぽいので、かなり飛びます。

うーん、結構たまってたなあ、と思いながら、とりあえずシャンプーの泡をつけてから、お尻のまわりだけ洗い流します。


その後は、お風呂の椅子にすわって、ゆっくりとシャンプーに取りかかります。

全身をよくぬるま湯で洗い流します。地肌まで水が届くように、汚れを洗い流すようにきっちりやります。

ここをしっかりすると、汚れが落ちやすいとトリマーさんが教えてくれました。

キララは、これだけで、もう「出たいよう〜」って感じ。


シャンプーの泡をつけながら、全身をマッサージするように洗います。

体の下の部分は別容器で泡を吹き付けながら洗います。


さて、問題の顔の部分。

マズル(お口の部分)を下から押さえた状態で動かないようにしておいて、もう一方の手でシャンプーが眼に入らないように洗います。


オッケー。これからが大事なススギです。

ススギを充分にしないと、シャンプー液が残って、毛玉の原因になったり、痒みの原因になったりします。

まずは、顔から、耳に水が入らないように押さえながら、頭のてっぺんにシャワーノズルを押し付けます。

ちょっと、かわいそう(^-^;

それから、体全体、体の下、脇の下、足先とよくすすぎます。

これを2回繰り返して、手で絞ってシャプーの泡が出て来ない事を確認。


さあ、シャンプーお終〜い。

タオルドライ開始です。

ブルブルするのを防ぎながら、全身の水分をできるだけ吸い取ります。


放してやると、キララはリビング中を走り回ります(^-^;

たぶん、家でシャンプーをしているワンコのほとんどがする行為だと思いますが(^-^;

体中をゴシゴシやられると、ワンコのテンションは最大限に上がります(^-^;

滅多にテンションが上がらないと思われているキララですが、しっかりテンション上がってます(^-^;


一段落したら、今度は、ドライヤーで乾かします。

生乾きや、自然乾燥は、臭いニオイの元になったり、毛玉のもとになったりするので、必ず、ドライヤーで完全乾燥させます!!


まず、耳の中に水が入ってないかどうか、綿棒やティッシュで確認。

耳のまわりと胸回りから乾かしはじめます。

乾かす時は、ブラシを使って、ブロック毎に分けるようにして、毛の根元から乾かしていきます。

ドライヤーを近づけすぎるとヤケドするので、最低でも50センチは離します。

あー、段々手が疲れてくる。

これを毎日やってるトリマーさんはホントに大変なお仕事だと思います。

顔まわりが終わったら、こんどは、背中。

そして、キララをひっくり返した状態で、お腹、下腹部、尻尾をドライしていきます。


最後に、ドライヤーを「クール」にして水分の残ったところを確認。

やっと、終了〜。


昨日のドッグマッサージの先生の見よう見まねで、簡単にマッサージ。

気持ちいいのか、目がトロンとしてきました。


「ヨシ」と声をかけて、解放してあげます。

ここまで、約2時間。こっちも腰が痛いイタイ。


写真があるとわかりやすいのかもしれませんが、実をいうとこの作業はパンツ一丁でやってます(^-^;

20キロを越えるワンコのシャンプーはホントに大変ですねえ。

でも、まあ、今晩一緒に寝た時にいいニオイがするからいいかあ。


いい季節になってきました@府中の森

 暑かったり、雨だったり、散歩に来ても動きの少なかったキララでしたが…
府中の森公園のお山で…

構えてます…
視線の先には、パパのもつボールが…
この構え(スニークといいます)を見ると、キララもボーダーコリーなんだなあと思います。

途中を省略しましたが(^-^;
元気に遊んでます(^^)V
(ボールで遊ぶときは、ちゃんとロングリードをつけましょうね)

三連休の初日。遊ぶのにいい季節になりました。

お天気も良さそうなので、一安心です。


| 1/1PAGES |