calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

しっぽネット西東京センターでの日々

 前回更新後、いろんなことがありました。

まず、私の病状報告。
実は昨日から新しい薬を飲みはじめ、
少しずつですが、全身の痛みが引きはじめてきました。
使っている薬は、「リリカ」という名で、なんかアニメの女の子の名前みたいな薬です。
帯状疱疹の治療にも使われているようですが、知覚神経の痛みを取ってくれるようで、糖尿病性神経障害にも使われはじめた薬です。

ただ、認可されたのが昨年10月なので、かなり新しい薬みたいで、
主治医は「最後の手段でとっといた」と言ってました。
ちょっと、副作用があるみたいです。

でも、この痛みがなくなるなら、何でもいいというのが本音です。


さて、しっぽネット西東京センターも開所から10日あまり。

開所式の様子は、ペットジャパンのホームページ
などでも紹介されました。

先週の金曜日からは被災犬を2頭お預かりしてます。
短期の予定だったので、被災犬サポートの預かりボランティアの方でなく、センターでお預かりすることに。
姉妹犬の2頭で、すごくいい子たちです。
来た当初は初めての場所に警戒してましたが、そろそろ慣れてきたようです。

といってみてたら、飼い主さんから連絡があり、ワンちゃんと暮らせる状態になったので、なるべく早く連れてきてほしいとのこと。
10日あまり面倒をみていたセンターのI君は非常に寂しそうです。
というわけで、今度の日曜日(18日)に私とI君と搬送ボランティアの方で飼い主さんのところに行ってきます。
やっぱり飼い主さんと暮らせるのが一番ですからねえ。

開所後の11日の日曜日には、TCAの学生さんでドッグライフカウンセラーの2名がケアボランティアとしてきてくれて、いろいろアドバイスももらいました。

13日の火曜日からはサロンでSES DOG STUDY.とスウェーデン式ドッグマッサージが始まりました。
講師はSESドッグインストラクターの谷川さん。マッサージには同じく、SESドッグインストラクターでもある黒崎さんも参加してくれました。
詳しいレポートは、ドッグライフプロデュースfamilleのHPでどうぞ。

14日には、羽村からホームページを見て訪ねてくれた方がいました。

15日には、近所の犬友とサロンでオフ会(?)。
10頭近くのワンコが集まりました。

毎日、寄ってくれる犬連れの常連さんも出来たり、
昨日は日本獣医生命科学大学の学生さん、今日は東京農工大学の獣医学部の学生さんがケアボランティアに登録してくれました。
だんだんと、いろんな方がしっぽネットに協力していただけるよう、集まってきてくれてます。

お時間があれば、ぜひお立ち寄りください。

あ、サロンに入る前に表のしっぽネット自販機でお飲物をお買い求めになってからお入りになることをお忘れなく。
こちらで、お買い求めいただくと、1本につき、3円が保護犬のために寄付されます。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック